自分の目から見える現実の世界が、この器のような色だったらいいなとずっと思って生きてきた。この色の世界に近づきたくてきっとわたしは作り続けているのだと思う。最近ようやく少しだけ、近づけてきたようなそんな気がしている。